HOME > 床下換気の必要性/須貝教授

福岡大学工学部建築学科教授 須貝 高 氏
アドバイザー

九州すまいづくり研究会主宰。各地で普及・啓蒙活動を行っている健康住宅研究の第一人者。各種雑誌・新聞ほか、テレビ番組に出演するなど、幅広く活動中。

 現代住宅は気密性・断熱性に優れています。しかしその一方で床下をみますと湿気も多く建築材も湿気に侵されている場合も多いのです。床下には大事な基礎等がありますがそれが腐っているケースもありますので十分注意が必要です。


 床下の湿気が畳や床にあがってきて、ダニやカビが発生します。ダニの糞を吸うと抵抗力のない赤ちゃんやお年寄りには大きな負荷になります。


 また、湿気を含んだ木材というのは耐震性も弱まります。水分を多く含むと木材が柔らかくなりちょっとしたショックで大きく変形するのです。


 建物は乾燥した木材をうまく使うことで強度は十分強くなります。


 私どもは阪神大震災を現地で調査したのですが、水回りの部分の湿気ていてそこが崩れているケースが非常に多かった。土台についてもシロアリによる食害によって崩れてきている。これらの事例を考えても、床下の湿気を取り除き、外の乾燥した空気を床下にも取り入れることが大事であることがわかります。




 床下には床下換気口というものがついていますが、思っているほど床下の空気は移動しません。当然そこに湿気もたまってきます。


 そういった意味では床下に強制的な換気を設け、湿気のある空気をうまく外に排出させ、新鮮な空気を他の換気口から取り入れる。床下全体くまなく通風されると床下は非常に強度が上がっていきます。


 床下を調査すると水回り部分の湿度が非常に高くなっています。そのポイントを強制的に換気させることは特に大事です。


 また、シロアリは動く空気を嫌いますので空気を活発に動かすことも大事です。


 世界をみましても、これだけ雨が降って湿気が多いのは日本だけです。また地震がこんなに多いのも日本だけです。昔の日本人は高温多湿の気候に対していろいろな工夫をしてきました。着物も体全体に空気が通るように考えられていますし、建築では神社仏閣などの高床式で床下の風通しは十分考慮されていたのです。そう考えると、建物を支える床下の風通しを良好にさせ、乾燥した床下にすることは耐震対策にもつながるとても大切なことであることがわかります。