HOME > 床下換気に歴史あり

 1981年、日本で初めての床下換気システムが発売されました。


 そのきっかけはさらに5年前にさかのぼります。それは知人との何気ない会話でした。


 最近、早朝に散歩していると新築中の家が多くある。その大工に今の住宅はどのぐらいの寿命があるのか尋ねてみた。大工が言うには、おおよそ15年から20年で住宅の床が駄目になるという。


 『サラリーマンが死にものぐるいでがんばってやっとの思いで建てたマイホームが20年ともたないのか。あんたたちはなぜそんな家しか建てないんだ。』大工曰く、『しょうがないんですよ。日本は湿気が高いからどうしても床下から湿気で傷んできて、ひどいところは建てて5年経たずに床を張り替えなければならないところもあるんです。


 『床下には通気口があるのになぜ湿気るんだ?』『通気口はあるんですがうまく風が流れていない。床下の中に基礎とか障害物があって…それに隣の家は接近してますし、塀もあるから外の風が床下に流れ込むことは難しいんでしょうね。』


 この会話にピンときた開発者は、専門分野のモータ技術を使って試作を作りました。試作第一号は床下に風を送り込む、いわゆる給気タイプ。


 しかし床下にどんどん空気を入れているのに他の通気口からはいっこうに風が出てきません。調べると、床下の空気は湿っていて重たく、外から乾いた軽い空気をいれてもすぐに空気抵抗がおこり風が分散してしまう。


 そこで逆の発想で床下の空気を排出させる排気タイプをすぐに試作しあらためて実験。床下の空気を排出させると他の通気口から勢いよくどんどん風が入ってきました。


 そしてそのままの状態で1年後、その家の押し入れに敷いてあった新聞がカラカラに乾き、毎年出ていたムカデがパッタリ姿を見せなくなったという結果に。これが床下換気システム誕生の瞬間でした。
写真は「プッシュファン」試作品 その後3年間の検証実験を経て発売されたこの商品(プッシュファン現風太郎)は20年以上のロングセラー商品に成長し(1990年実用新案登録)市場の声を反映させ日々改善されてきました。


 そして今、次世代商品として開発されたハイブリッドコントロールシステム「タービン・ユニット」は、そのノウハウの集大成でもあり、現在もさらに進化し続けています。