• 一般的な警備会社の場合、多くは泥棒の犯行後警備員が現場に到着し状況を確認します。
  • 万が一犯行中であっても捕まえることができせん。このことは一般的に誤解されていることが多いようです。
  • 自主警備型セキュリティの場合、各センサーが泥棒を感知すると直ちに警告音で威嚇。
  • リアルタイムに泥棒を撃退します。侵入させないことを基本としています。

徹底比較 緊急時の対処

ライフディフェンス・エアで出来る事

ライフディフェンス・エアの特長

アナログ一般電話回線(PB/DB)、IP電話、光電話、ADSL、ISDNに対応
※ビジネスフォン対応不可

携帯電話、スマートフォンなどで外出先から本体の設定や解除ができます。
※留守番電話設定時でも操作可能

ワイヤレス送信機を使用することにより、室内の美観を損ねる配線ケーブルを無くしました。
※警告灯付きサイレン、パッシブセンサー除く

万が一、盗難被害に合った場合は、一律5万円のお見舞金をお支払いします。
※保証期間1年、1回のみ